再出発の年に

明けましておめでとうございます。

  皆様には、輝かしい新年をお健やかにお迎えのことと存じます。

 

  昨年末は、大変お世話になりました。
  年の瀬の特別国会において衆議院農林水産委員長に選任され、お陰さまで、参議院議員1期、衆議院議員4期、国会議員として15回目の新春を元気に迎えることができました。
  本年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

  平成25(2013)年の干支は、癸巳(みずのと・み)です。
   「癸」は、物事を測る、物事の筋道を立てるという意味があるということです。
   「巳」は、漢字の形が胎児に似ていることから、新たな命が発生したことを表していると言われ、巳は已に通じ、物事がいったん終結し、また、新たな出発をするという意味があると言われています。
  平成25年は、この混乱した社会を立て直し、新たな一歩を踏み出す「再出発の年」と言えましょう。
 
  昨年末の衆議院議員選挙で、私どもは多くの皆様からご支持をいただき、政権に復帰いたしました。
  デフレ・円高の解消、外交・防衛の再構築、人口減少社会に対応した社会保障制度の確立等々、早急に解決を迫られている課題が山積しています。

  武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いを詠んだ頼山陽の漢詩に「流星光底長蛇を逸す(リュウセイコウテイチョウダヲイッス)」という一節があります。折角の機会を逃すことなく、国民の付託に応えるべく懸命の努力を果たしていかければなりません。

 

  「まずは、景気回復。」です。
 本格的大型補正予算と平成25年度予算による切れ目のない経済政策の推進は喫緊の課題であります。さらに、日銀と緊密な連携による金融緩和をはじめ政策を総動員して、名目3%以上の経済成長軌道に早急に乗せていかなければなりません。

 

  私の地元、大隅・熊毛地域は、豊かな自然に恵まれた、トップランナーとして日本再生を引っ張っていく大きな可能性を備えています。
   「大隅・熊毛の元気が、日本の未来をひらく!」を信念として、元気な日本を取り戻すために、精魂込めて頑張ってまいります。

 

  引き続きご指導ご鞭撻下さいますようお願い申し上げます。

  皆様の本年一年のご健勝とご多幸をお祈りいたします。

    

    平成25年元旦

                                                                  衆議院農林水産委員長
                                                                  自由民主党鹿児島県連会長
                                                                  衆議院議員  森 山  ひ ろ  し

活動報告