平成25年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定等について

さとうきびについては、交付金単価を320円/㌧引き上げ、基準糖度帯を0.1度引き下げました。さらに、生産振興対策も増産基金を新設し、農業機械の導入対象をかんしょ等に拡大いたしました。

なお、でん粉原料用かんしょの交付金単価は据え置きいたしました。

 

25年産さとうきびの交付金単価

交付金単価を、320円/㌧引き上げ、基準糖度帯を0.1度引き下げました。


25年産 24年産

交付金単価

 

 

 

基準糖度帯

16,320円/トン

(対前年産+320円/トン)

 

16,000円/トン

(対前年産±0円/トン)


13.1度~14.3度 13.2度~14.4度

25年産でん粉原料用かんしょの交付金単価

交付金単価を、据え置きました。


25年産 24年産
交付金単価

26,000円/トン

(対前年度産±0)

 

26,000円/トン

(対前年度産±0)


25年産さとうきび等生産振興対策

さとうきび増産基金を新設し、農業機械の導入対象をかんよ等に拡大いたしました。


25年産 24年産
さとうきび生産振興対策

さとうきび増産基金(新設)

 

35億1千万円

(内訳)

生産振興

26億1千万円

苗の確保など生産者の支援を行う工場の整備

9億円

防除対策

 

7億円

農業機械の導入

                    10億1千万円

(対象品目)

さとうきび、かんしょ、てん菜、ばれいしょ

4億3千万円

活動報告