月例経済報告(H25.5.20)

月例経済報告(H25.5.20)

基調判断

〈現状〉

景気は、緩やかに持ち直している。

 

〈先行き〉              

先行きについては、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。

 

(リスク要因) 

     海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスク。

     雇用・所得環境の先行きにも注意が必要。     等

  

1-3月期GDP1次速報の概要

     1-3月期の実質GDPは前期比年率で+3.5%

    実質GDPは、523兆円。名目GDPは、475兆円。

〇 雇用者報酬(名目)は、前期比で+0.4%

 

外需の動向

     輸出は、持ち直しの兆しがみられる。

    前月比で、1月+1.3%2月▲0.8%3月+2.3%

 

投資の動向

     設備投資は、下げ止まりつつある。

    前月比で、2月+4.2%3月▲2.7%

     機械受注は、3月大幅に増加している。

     公共投資は、底堅い動きである。

    4月は、前年比+28.6%

     住宅建設は、底堅い動きである。

    3月の住宅着工総戸数は、前年比+7.3%

 

消費・雇用の動向

     個人消費は、持ち直している。

    前月比の消費総合指数は、         2月+0.6%、3月▲0.1

     新車販売台数は持ち直している。

    前月比の軽を含む新車販売台数は、3月▲2.2%4月+7.5%

     50代、60代前半が消費をけん引している。

     雇用情勢は、このところ改善の動きがみられる。

    有効求人倍率は、20.8530.86

    完全失業率は、24.3%、34.1%。

 

生産の動向

     生産は、緩やかに持ち直している。

    前月比で3月は+0.%。予測調査では4月+0.8%5月▲0.3%

     3月は、化学、一般機械、電子部品等がけん引している。

 

企業収益の動向  

〇 上場企業の収益は、改善の動きがみられる。

    前年比で20131-3月期の経常利益は、全産業+13.4%、製造業+25.1%、非製造業+2.3%

〇 多くの企業で収益が上振れしている。

    実績が計画を上回った企業は、製造業で77%、非製造業で73%

 

賃金の動向  

〇 所定外給与は、持ち直しの動きがみられる。

〇 パートの時給は、増加している。

〇 3月の特別給与は、概ね前年並みである。

〇 一部に臨時賞与等を支給する動きがみられる。

〇 春闘の途中経過で賃金改定率は、横ばいである。

〇 ベアの実施率は、上昇している。

 

物価の動向  

     国内企業物価は、緩やかに上昇している。

     4月は、前月比+0.3%、前年比0.0%

     消費者物価は、このところ下落テンポが緩やかになっている。

     3月におけるコア(生鮮食品を除く総合)は、前月比▲0.1%、前年比▲0.5%

     コアコア(生鮮食品、石油製品その他特殊要因を除く総合)は、前月比+0.1 %、前年比▲0.8%

 

アメリカ経済の動向  

     景気は、緩やかな回復傾向にある。

    20131-3月期実質GDPは、前期比で年率+2.5%

    消費は、緩やかな増加傾向にある。

    住宅着工件数は、堅調に増加している。

    住宅価格は、持ち直している。

    雇用者数は、増加している。失業率は、低下している。

 

中国経済の動向  

     景気の拡大テンポは、依然緩やかなものになっている。

     20131-3月期実質GDPは、前年比+7.7%。

     生産は、このところ伸びがやや低下している。

     輸出は、伸びがおおむね横ばいになっている。

     個人消費は、伸びが低下している。

     固定資産投資は、おおむね横ばいである。

 

ヨーロッパ経済の動向  

     景気は、一部に下げ止まりの兆しもみられるが、総じて弱い動きになっている。

     ユーロ圏の1-3月期実質GDPは、前期比年率▲0.9%

     ユーロ圏の生産は、このところ底堅い動きとなっている。

     ユーロ圏の輸出は、このところ底堅い動きとなっている。

     ユーロ圏の失業率は、上昇している。

活動報告