月例経済報告

10月21日

 

月例経済報告(H26.10.21)

基調判断

〈現状〉

    景気は、このところ弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。

    消費者物価は、このところ上昇テンポが鈍化している。

〈先行き〉              

先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の  改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、駆け込み需要の反動の長期化や海外 景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する 必要がある。


個人消費/住宅投資の動向

   個人消費は、持ち直しの動きが続くが、このところ足踏み。

 消費総合指数(実質)は前月比で、7月▲0.5%8月+0.4%

前年比で、7月▲2.4%8月▲1.9%

   自動車販売は、底堅い動きである。

 新車販売台数〈含軽〉は前月比で、7月▲1.7 %8月▲0.1%9月+10.2%

前年比で、7月▲2.6%8月▲9.5%9月▲3.2%

○ 家電は、持ち直しの動きが緩やかになっている。

 家電17品目の売上推移は前月比で、7月▲10.9%8月+2.3%9月▲1.9%

前年比で、7月▲9.8%8月▲9.7%9月▲10.9%

   住宅建設は、緩やかに減少している。

 住宅着工戸数は前月比で、7月▲5.0%8月+0.7%

 前年比で、7月▲14.1%8月▲12.5%

○ 外食は、このところ弱い動きである。

 外食売上は前月比で、6月▲1.7%7月▲3.3%8月▲0.5%

      前年比で、6月▲1.8%7月▲2.5%8月▲2.1%

   百貨店売上は、持ち直している。

 百貨店販売額は前月比で、7月▲3.1%8月+4.5%9月+1.3%

      前年比で、7月▲2.7%8月▲0.4%9月▲0.8%

   9月は、昨年より低温・少雨であった。

  8月は平均気温前年差、▲1.5°C、降水量+60%

  9月は平均気温前年差、▲1.2°C、降水量▲50%

   消費者マインドは、改善に足踏み。

 

雇用・賃金・所得の動向

○ 雇用情勢は、着実に改善している。

 有効求人倍率は、71.1081.10

 完全失業率は、73.8 %83.5%

○ 一人当たり賃金は、緩やかに増加している。対前年比で、8月+0.9%

○ 総雇用者所得は、名目、実質ともに底堅い動きである。

      ・ 前年比寄与度で、実質総雇用者所得+0.6%、名目総雇用者所得+1.6%

   一般労働者は、足下で増加している。

   8月の正社員の有効求人倍率は、0.68で、200411月以来の高水準。リーマンショック前のピークだった2006年7月の0.64を上回った。

   若者世代(25-34歳)で、非正規から正規への動きがみられる。

 

物価の動向  

   消費者物価(消費税抜き)は、このところ上昇テンポが鈍化している。

  8月のコア〈固定基準)は、前月比▲0.2%、前年比+1.%

  8月のコアコア(連鎖基準)は、前月比0.0%、前年比+0.8%

   ガソリン、電気代、生鮮食品は、高止まりである。

8月は前月比で、ガソリン▲0.5%、電気代▲0.3%、生鮮食品+3.9%

前年比で、ガソリン+5.7%、電気代+7.6%、生鮮食品+9.0%

 

生産の動向

   生産は、このところ減少している。

鉱工業生産は前月比で、7月+0.4%8月▲1.9%

(予備調査)9月+6.0%10月▲0.2%

   足元では、耐久消費財を中心に生産を下押ししている。

   自動車・家電等で、4月以降、在庫が急速に増加している。

   住宅関連でも、在庫が増加している。

 

設備投資╱公共投資の動向

   設備投資は、増加傾向にあるものの、このところ弱い動きとなっている。

   設備投資計画は、過去平均と比べて総じて高い伸びになっている。

   国内投資は、増加している。海外投資は、頭打ちである。

   公共投資は、総じて堅調に推移している。

 請負金額は前月比で、8月▲13.2%9月▲8.2%

 出来高は前月比で、8月+1.7%

 

外需の動向

   輸出は、2013年以降、数量は横ばい、金額は増加。

   輸入は、2014年年初ごろ増加したが、このところ弱含みである。2013年以降、金額は増加。

   経常収支の黒字幅及び貿易収支の赤字幅は、このところ横ばいである。

   海外からの(純)所得受取は、増加傾向にある。旅行収支の受取は、改善している。

 

地域経済の動向

○ 消費の回復は、地域間にばらつきがある。

○ 先行き判断は、北海道が全国よりさらに低下している。

 

世界経済の動向  

   IMF見通しでは、世界計の実質GDP成長率は、7月時点3.4%より低下し10月時点で3.3%

 

アメリカ経済の動向  

   景気は、回復している。

20144-6月期実質GDPは、前期比年率+4.6%

消費は、増加している。住宅着工は、持ち直しの動きがみられる。

雇用者数は、増加している。失業率は、低下している。

 

中国経済の動向  

○ 景気の拡大テンポが緩やかになっている。

  生産は、伸びがこのところ低下している。輸出は、持ち直している。

  消費は、伸びがやや低下している。固定資産投資は、伸びが鈍化している。

 

ヨーロッパ経済の動向  

〇 景気は、全体として持ち直している。

    ・ ユーロ圏の4-6月期の実質GDPは、前期比年率+0.1%

    ・ ユーロ圏の生産は、おおむね横ばいである。

〇 ユーロ圏の物価上昇率は、低下している。

活動報告