月例経済報告

 

月例経済報告(H27.7.21)

基調判断

〈現状〉

・景気は、緩やかな回復基調が続いている。

・消費者物価は、緩やかに上昇している。

〈先行き〉              

先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の

効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、中国経済

をはじめとした海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスク

に留意する必要がある。



個人消費の動向

○ 個人消費は持ち直しの兆しがある。

   ・ 消費総合指数は、前月比で、3+0.8%4月▲1.4%5+0.6%

○ 自動車販売は、弱い動きである。

   ・新車販売台数〈含軽〉は前月比で、4月▲9.4%5+9.4%6+0.7%

○ 家電はおおむね横ばいである。

   百貨店・スーパーの売上は改善傾向である。

   ・百貨店売上高は前月比で、4月▲2.3%5+2.2%6月▲1.0%

   ・スーパー売上高は、前月比で、3+4.2%4月▲1.3%5+0.3%

   外食及び旅行は、おおむね横ばいである。

・外食売り上げは、前月比で、3月▲0.2%4+0.1%5+2.3%

   ・5月の旅行取扱金額は、前月比で、国内+8.9%、海外▲2.1%、合計+5.3%

   消費者マインドは、持ち直しているものの、そのテンポは緩やかになっている。

   ・消費者態度指数は、441.5(前月差▲0.2)541.4(前月差▲0.1)、641.7(前月差+0.3)。

 

住宅投資・公共投資

   住宅建設は、持ち直しの動きである。

・住宅着工戸数の総戸数は前月比で、3月+1.4%4+1.8%5+0.2%

    ・持家着工数は前月比で、3+2.5%4+1.4%5月▲1.7%

・貸家着工数は前月比で、3+3.2%4+3.3%5+1.3%

・分譲着工数は前月比で、3月▲1.6%4+1.3%5+3.8%

   公共投資は、総じて弱い動きである。

・請負金額は前月比で、3月▲7.7%(出来高▲0.3%)、4月+6.3%(出来高+0.6%)、5+3.6%

(出来高+1.8%)、6+11.3%

 

雇用・賃金の動向

   総雇用者所得は持ち直してきている。

5月の名目総雇用者所得は前年比で+1.2%、実質総雇用者所得は前年比で+1.2%

   非正規雇用者比率はおおむね横ばいである。

   有効求人倍率は上昇した。

・有効求人倍率は、41.1751.19

・完全失業率は、43.3%53.3%

 

物価の動向  

    消費者物価は、緩やかに上昇している。

5月のコア(生鮮食品を除く総合;固定基準)は、前月比+0.0%

5月のコアコア(生鮮食品、石油製品その他特殊要因を除く総合;連鎖基準)は、前月比+0.1%

   消費者物価(コア)は、前年とおおむね同水準である。

5月のコア(固定基準)は、前年比+0.1%

5のコアコア(連鎖基準)は、前年比+0.8%

   食料、外食が上昇に寄与している。

   家庭向けの電気代及び都市ガス代には、下落の動きがみられる。

 

投資・収益・業況

○ 設備投資は、このところ持ち直しの動きがみられる。

・機械受注(船舶・電力除く民需)は前月比で、4+3.8%5+0.6%

・輸送機械を除く資本財総供給は前月比で、4+1.8%5+1.2%

○ 2015年度の設備投資計画では、大企業・製造業を中心に積極的な姿勢がみられる。

○ 倒産件数は、おおむね横ばいである。

○ 企業収益は、総じて改善傾向である。

○ 業況判断は、おおむね横ばいも、一部に改善の兆しがみられる。

○ 中小企業の仕入価格DI(前年比「上昇」-「下落」)は、低下が一服した。

   ・中小企業の仕入・販売価格の動向について、中小企業月次景況観測(商工中金)の「販売価格

 DI-仕入価格DI」は、3月▲11.04月▲10.65月▲11.56月▲13.1

   ・中小企業景況調査(日本公庫)の「販売価格DI-仕入価格DI」は、3月▲10.84月▲14.8

 5月▲10.46月▲18.8

 

生産

○ 生産は、このところ横ばいである。

・鉱工業生産は、前月比で4+1.2%5月▲2.1%(予備調査で、6月は前月比+1.5%7月は

前月比+0.5%)。

○ 輸送機械及び電子部品・デバイスは、このところ弱含みである。

・はん用・生産用・業務用機械は前月比で、5月▲1.4%6月(予測)+1.5%7月(予測)+1.0%

・電子部品・デバイスは前月比で、5月▲4.8%6月(予測)▲1.3%7月(予測)▲2.8%

・輸送機械は前月比で、5月▲5.1%6月(予測)+2.1%7月(予測)+2.6%

○ 輸送機械の在庫は調整の動きがみられる。

○ 電子部品・デバイスは、内外需ともに弱含みである。

   ・5月の電子部品・デバイス工業の出荷内訳は、出荷全体で前月比+1.0%、国内向けで前月比

+0.6%、輸出向けで前月比+0.2%


外需

   輸出・輸入は、おおむね横ばいである。

・輸出は前月比で、3+2.4%4月▲1.1%5月▲3.7%

・輸入は前月比で、3月▲8.5%4+5.6%5月▲2.6%

○ 輸出は、アジア向けがおおむね横ばいである。

○ 輸入は、EUがこのところ弱含みである。

   経常収支(月次)の黒字幅は、5月は拡大した。

・経常収支は前月比で、4月▲38.3%5+28.4%


景気ウォッチャー調査  

○ 景気の現状判断(DI)は、5カ月連続で50を上回った。

・現状判断DIは、453.6(前月差1.4)553.3(前月差▲0.3)、651.0(前月差▲2.3)。

○ 現状判断は、多くの地域で低下した。

○ 先行き判断(DI)は、5か月連続で50を上回った。

   ・先行き判断DIは、454.2(前月差0.8)554.5(前月差0.3)、653.5(前月差▲1.0)。

○ 先行き判断は、多くの地域で低下した。

 

世界経済の動向  

   IMF見通しでは、世界計の実質GDP成長率は、4月時点3.5%より低下し7月時点で3.3%

 

アメリカ経済の動向  

   アメリカの景気は、このところ弱めの動きも見られるが、回復が続いている。

   製造業の景況指数は持ち直してきている。

   雇用者数は増加し、賃金の伸びはおおむね横ばいである。

   消費は、増加している。

 

中国経済の動向  

○ 景気は緩やかに減速している。

   ・ 1-3月期実質GDPは、前年比年率+5.3%4-6月期実質GDPは、前年比年率+7.0%

○ 生産は伸びが鈍化、輸出はこのところ弱い動きである。

○ 固定資産投資は、弱い伸びとなっている。

○ 都市部新規雇用者数は伸びがおおむね横ばい、乗用車販売台数はこのところ減少している。

 

ヨーロッパ経済の動向  

○ ユーロ圏では、景気は持ち直している。

○ ユーロ圏の消費は緩やかに増加している。

   ・5月の実質小売売上は前月比で、0.2%(なお、ドイツ+0.5%、英国+0.2%)。

○ ユーロ圏の生産はおおむね横ばいである。

   ・5月の鉱工業生産は前月比で、▲0.4%(なお、ドイツ+0.0%、英国+0.4%

・ユーロ圏の201513月期実質GDPは、前期比年率+1.5%

○ ユーロ圏の失業率は、高水準ながら低下している。

○ ユーロ圏の物価上昇率はゆるやかに上昇している。

 

ギリシャ経済の動向  

○  713日のユーロ圏首脳会合で、ギリシャ支援プログラム協議の開始について合意。

 ただし、同協議開始の条件として、首脳会合で定められた期間内に、必要な措置をとることが求められ

 ている。

○  これまでのところ周辺国への影響は限定的。

○  ギリシャの課題の一つは、経済成長と財政再建の両立。そのための構造改革、産業育成が必要。

○  ギリシャ支援をめぐる経済改革の概要と予定

713日:ユーロ圏首脳会合で、条件付きで支援協議開始の合意

716日:ギリシャ国会で協議開始の条件である関連法案が可決

ユーログループ(ユーロ圏財務相会合)において、加盟国の議会が承認すれば三次

支援を行うことを決定

720日:ECBへの償還(34.9億ユーロ)

81日:IMFへの返済(1.8億ユーロ)

820日:ECBへの償還(33.8億ユーロ

活動報告