月例経済報告

 

月例経済報告(H30.8.29)

基調判断

〈現状〉

・景気は、緩やかに回復している。

〈先行き〉              

・先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策

効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待される。ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。また、平成307月豪雨の

経済に与える影響等に留意する必要がある。

 

2018年4-6月期GDP1次速報

○ 20184-6月期の実質成長率は、前期比+0.5%(年率+1.9%)となり、前期のマイナスから再び

  プラス成長に戻った。名目GDPは、551兆年と過去最高を更新した。

○ 個人消費が前期比プラス、設備投資は、7四半期連続のプラスとなり、民間需要の増加に支え

  られた成長となっている。

○ 今期の設備投資額は、これまで最高であった199710-12月期の水準を超えて過去最高

  となった。

 ・ 今年度の設備投資計画をみると、製造業では、輸送用機械・化学・電気機械等中心に、

   電機自動車や自動運転等に向けた投資が計画されている。

   非製造業では、運輸・不動産・卸売・小売等において、インバウンド需要や都市開発、人手

   不足への対応といった投資が見込まれている。

 

個人消費の動向

○ 個人消費は、持ち直している。

   ・ 消費総合指数は、前月比で、3月▲0.7%4+1.2%5月▲0.3%6+0.2%

   ・ 消費者態度指数(DI)は前月差で、3月±0%4月▲0.7%5+0.2%6月▲0.1%7月▲0.2%

・ 6月の実質総雇用者所得は、前期比で+0.8%

 

住宅投資・公共投資

   住宅建設は、おおむね横ばいとなった。

・住宅着工戸数の総戸数は前月比で、3月▲1.5%4+5.1%5+2.5%6+0.7%

・持家着工数は前月比で、3月▲0.6%4+0.3%5+2.4%6月▲0.1%

・貸家着工数は前月比で、3+0.6%4+3.1%5月▲0.4%6+1.2%

・分譲着工数は前月比で、3月▲1.2%4+10.8%5+8.7%6月▲1.6%

   公共投資は、底堅く推移している。

・請負金額は前月比で、3+7.2%(出来高±0.0%)、4+21.4%(出来高+0.5%)、

 5月▲5.9%(出来高▲0.3%)、6月▲7.1%(出来高▲0.2%)、7月▲2.4%

 

雇用・賃金の動向

○ 雇用情勢が着実に改善する一方、人手不足感が高い水準となっている。

   ・有効求人倍率は、21.5831.5941.5951.661.62

   (正社員は1.13)となった。

   ・完全失業率は、22.5%32.5%42.5%52.2%62.4%となった。

   

物価の動向  

   消費者物価は、このところ上昇テンポが鈍化している。(7月総合前月比+0.3%)。

○ 消費者物価上昇率(消費税抜き)は、7月総合前年比+0.8%

           

投資・収益・業況

○ 業況は、おおむね横ばいとなった。

・業況判断DI(「良い」-「悪い」)ポイントは短観で、

    「大企業・製造業」は、20179+2212+2620183+246+219+21

    「大企業・非製造業」は、20179+2312+2520183+236+249+21

    「中小企業・製造業」は、20179+1012+1520183+156+149+12

    「中小企業・非製造業」は、20179+812+920183+106+89+5

○ 企業収益は、改善している。

  ・経常利益(20184-6月期)は、前年比+16.4%となった。

  ・製造業では、電気機器(半導体)、石油石炭製品(石油価格上昇)、機械(建設・産業用機械)が

   非製造業では、情報通信(データ通信関連サービス)、商社(資源価格上昇)、人材関連

   サービス業の堅調が増収に寄与した。

○ 設備投資は、緩やかに増加している。

   

生産

○ 生産は、緩やかに増加している。

・鉱工業生産指数は前月比で、5月▲0.2%6月▲1.8%7月(予測)+2.7%8月(予測)+3.8%

・はん用・生産用・業務用機械は前月比で、3+0.3%4+1.3%5+0.5%6月▲3.9%

・電子部品・デバイスは前月比で、3+2.5%4月▲5.7%5+3.4%6+2.7%

・輸送機械は前月比で、3+0.8%4+3.9%5月▲5.9%6+0.6%

 

外需

輸出・輸入ともにこのところ持ち直しの動きに足踏みがみられる。

○ 貿易・サービス収支の黒字は、おおむね横ばいとなっている。

 

景気ウォッチャー調査  

○ 景気の現状判断(DI)季節調整値は、1カ月ぶりに下降した

  ・現状・季節調整値DIは前月差で、3+0.34+0.15月▲1.96+1.07月▲1.5

○ 景気の先行き判断(DI)季節調整値は、1カ月ぶりに下降した。

・先行き・季節調整値DIは前月差で、3月▲1.84+0.55月▲0.96+0.87月▲1.0

○ 7月の景気ウォッチャーでは、猛暑等によるマイナスの影響がみられる。

 北関東地区コンビニ(やや良)……暑さのせいもあり、前年より売上はプラスで推移している。

                       特に、ジュース、アイス等の夏物商材が前年を大きく超えている。

南関東地区衣料品専門店(不変)…連日の猛暑と台風の予想で、外出を控える人が多く、日中も人が

                       歩いていない状況が続き、来客数が激減している。

  近畿地区百貨店(やや悪)………前月の大阪北部地震に引き続き、今月は平成30年7月豪雨の

                       影響で前年比は大幅に悪化した。梅雨明け後は極端な暑さが

                       続いており、入店客数は低迷している。

   北陸地区スーパー(やや悪)……平成30年7月豪雨と中旬以降の気温上昇によって、野菜や果物

                                      の価格が高騰している。来客数は減少し、購入単価が増加して

                                      いる。

(参考)景気ウォッチャー調査における「平成30年7月豪雨」の影響

★地域別現状判断DI(上昇-下降)では、中国地方で41.2(前月差▲6.5)、四国で44.1(前月差▲5.6)となるなど、

 豪雨被害の影響が比較的大きかった地域において、大幅な低下がみられた。

 

アジア経済の動向  

○ 中国では、景気は持ち直しの動きが続いている。

   ・実質GDP成長率は、20184-6月期6.7%

・輸入は高い伸びとなっており、輸出も増加している。

・乗用車販売台数は、伸びがおおむね横ばいとなった。

・消費は伸びがおおむね横ばいとなっている。

・生産は伸びがおおむね横ばいとなっている。

・固定資産投資は、伸びが低下している。

・消費者物価上昇率は、おおむね横ばいとなっている。

〇 韓国・台湾・インドネシア・タイでは、景気は緩やかに回復している。

〇 インドでは、景気は内需を中心に回復している。

 

アメリカ経済の動向 

○ アメリカでは、景気は着実に回復が続いている。ただし、今後の貿易動向に注意が必要である。

  ・20184-6月期のGDP成長率(1次推計値)は、前期比年率+4.1%

〇 雇用者数は増加しており、失業率は低下傾向にある。

 ・7月の失業率は、3.9%となった。

〇 コア物価上昇率は、緩やかに上昇している。

○ 消費は堅調な所得環境に支えられ増加、自動車販売台数はおおむね横ばいとなっている。

○ 製造業の景況指数は堅調に推移している。

○ 生産は、緩やかに増加している。

○ 財輸出は、緩やかに増加している。

○ 設備投資は、緩やかに増加している。

 

ヨーロッパ経済の動向  

○ ユーロ圏では、景気は緩やかに回復している。

ドイツでは、景気は緩やかに回復している。

イギリスは、景気回復は緩やかになっている。

   ・20184-6月期のユーロ圏のGDP成長率は前期比年率で、+1.5%(イギリスは+1.5%)。

〇 金融政策は、ユーロ圏は据え置き、英国は利上げした。

○ 個人消費は、ユーロ圏では増加した。

  イギリスは、緩やかながら増加した。

○ 物価(コア物価上昇率)は、ユーロ圏はおおむね横ばい、イギリスはこのところ低下している。

   ・消費者物価指数(コア)は前年比で、ユーロ圏2.1%7月)、イギリス2.5%7月)。

○ 輸出は、ユーロ圏では持ち直しているが、このところ一服感がある。

  イギリスではこのところおおむね横ばいとなった。

○ 設備投資は、ユーロ圏は緩やかに増加、イギリスでは横ばいとなった。

○ 失業率は、ユーロ圏では低下傾向にあるが、イギリスではおおむね横ばいとなった。