新しい元号が『令和』に決定しました

 新しい時代への希望に満ちた、素晴らしい元号「令和」が決定いたしました。万葉集からの引用とのことですが、

梅の花をめでる宴で読まれた歌の序文ということですので、うららかな春を思わせるような、すがすがしく晴れやか

な元号だと感じます。

 

 人々が美しく心を寄せ合うなかで文化が生まれ育つという意味が込められております。

 

 候補を考察された専門家の方々、元号に関する懇談会の有識者の皆様、また一連の手続きに関わった政府関係者

など、この元号を決定する過程に携わった全ての方々に敬意を表したいと思います。

 

 天皇陛下が振り返っておられた通り、平成は幾多の困難に見舞われながらも、日本が戦争を経験しなかった時代

として終わろうとしています。この元号のもとで迎える新しい時代も、国内外に平和が続き、その中で、日本がより

一層の活力をもって歩んでいけるよう、与党政治家の一人として微力を尽くしてまいりたいとの思いを新たにしま

した。

 

 元号も決まり、いよいよお代替わりも1カ月後に迫りました。

 

 国民の祝福の中で、一連の行事が滞りなく進むよう、政府与党が一体となって取り組んでいくことが大事なこと

だと思います。

 

  平成31年4月1日 

 

衆 議 院 議 員

鹿屋市漁協の皆さんと意見交換会

鹿屋市

5月4日(火)

垂水市・肝属郡医師会との意見交換会

垂水市

曽於市・志布志市・大崎町・曽於地区医師会との意見交換会

曽於事務所

県建設業協会曽於支部の皆さんと意見交換

曽於事務所

霧島市後援会の皆さんと意見交換

霧島市

活動報告