月例経済報告

 

月例経済報告(R1.7.23)

基調判断

〈現状〉

・景気は、輸出を中心に弱さが続いているものの、緩やかに回復して

いる。

〈先行き〉              

・先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが

期待される。ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響に一層

注意するとともに、中国経済の先行き、海外経済の動向と政策に関する

不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。

 

 

企業の景況感と設備投資計画

○ 企業の景況感について、全体として「良い」が「悪い」を上回る状態は続いているものの、

輸出鈍化の影響を受けやすい製造業を中心に低下した。

○ 一方、2019年度の設備投資計画は前年比6%近い増加が見込まれており、企業の設備投資

意欲は底堅い。

 

個人消費の動向

○ 個人消費は、雇用・所得環境の改善を背景に、持ち直している。

   ・新車販売や家電販売が堅調に増加している。

     ・消費総合指数(実質)は、前月比で、2月▲0.2%3+0.1%4+1.8%5月▲0.2%

   ・消費者態度指数(DI)は前月差で、2月▲0.3%3月▲1.0%4月▲0.1%5月▲1.0%

6月▲0.7%

5月の実質総雇用者所得は、前期比で+0.5%となった。

 

住宅投資・公共投資

   住宅建設は、おおむね横ばいとなっている。

・住宅着工戸数の総戸数は前月比で、2+0.4%3+1.0%4+2.1%5月▲2.3%

・持家着工数は前月比で、21.6%3+1.0%4+1.8%5+0.2%

・貸家着工数は前月比で、2+0.1%3+0.6%4+0.2%5月▲4.3%

・分譲着工数は前月比で、2月▲2.7%3+3.9%4+0.4%5月▲1.3%

   公共投資は、このところ底堅い動きとなっている。

・請負金額は前月比で、2+26.0%(出来高+0.3%)、3月▲7.7%(出来高▲0.9%)、

4月▲1.0%(出来高+1.4)、5+9.8%(出来高+0.9%)、6月▲8.0%

                                  

雇用・賃金の動向

○ 雇用情勢は着実に改善している一方、人手不足感が高い水準となっている。

   ・有効求人倍率は、11.6321.6331.6341.6351.62

   (正社員は1.15)となった。

   ・完全失業率は、12.5%22.3%32.5%42.4%52.4%なった。

   

物価の動向  

   消費者物価は、このところ緩やかに上昇している。(6月総合前月比±0.0%)。

○ 消費者物価上昇率(消費税抜き)は、6月総合前年比+0.7%

  

投資・収益・業況

○ 設備投資は、このところ機械投資に弱さもみられるが、緩やかな増加傾向にある。

・構築物投資の緩やかな増加が見込まれており、2019年度計画も底堅い内容となった。

  ◎ 主な業種の2019年度設備投資計画(日銀短観)

自 動 車 7.0% 電気自動車を含む新型車向け生産能力の増強投資や研究開発

                          関連施設投資など

化  学   8.3% 電気自動車に搭載されるリチウムイオン電池材料、需要増加に

                         伴う化粧品等の生産能力増強投資など

電気機械 6.5% 車載関連の電子部品需要に伴う増強投資や、イメージセンサー

                           の増産投資など

運輸・郵便 4.9% 鉄道高速化や駅内外の再開発(駅構内、駅ビル、駅前など)、安全

対策投資など

不 動 産 11.1% 都市開発に伴うオフィスビルや商業施設の取得など

 

 ・企業の設備判断は、引き続き不足感がみられる。

○ 業況は、製造業を中心に、慎重さが増している。

・業況判断DI(「良い」-「悪い」)ポイントは短観で、

    「大企業・製造業」は、20189+1912+1920193+126+79+7

    「大企業・非製造業」は、20189+2212+2420193+216+239+17

    「中小企業・製造業」は、20189+1412+1420193+66月▲19月▲5

    「中小企業・非製造業」は、20189+1012+1120193+126+109+3

○ 企業収益は、高い水準で底堅く推移している。

    

生産

○ 生産は、輸出の弱含みを受けて、生産用機械や電子部品など生産の一部には弱さが

続いている一方、内需の底堅さを背景に、国内向け生産では、自動車など輸送機械、

建設機械が増加している。

・鉱工業生産指数は前月比で、4+0.6%5+2.0%6月(予測)▲1.2%7月(予測)+0.3%

・はん用・生産用・業務用機械は前月比で、2+5.6%3月▲6.2%4+5.3%5+4.4%

・電子部品・デバイスは前月比で、2月▲3.7%3+5.8%、4月▲7.7%5+6.4%

・輸送機械は前月比で、2+5.5%3月▲2.5%、4月+4.2%5+3.6%

 

外需

 ○  輸出は、中国経済の減速や世界的な情報関連財需要の一服等の影響により、弱含んでいる。

 ○  輸入はおおむね横ばいとなっている。

 ○  貿易・サービス収支は、赤字となっている。

 

景気ウォッチャー調査  

○ 景気の現状判断(DI)季節調整値は、2月連続で下降した

  ・現状・季節調整値DIは前月差で、3月▲2.74+0.55月▲1.26月▲0.1

○ 景気の先行き判断(DI)季節調整値は、5月ぶりに上昇した。

・先行き・季節調整値DIは前月差で、3月▲0.34月▲0.25月▲2.86+0.2

 

アジア経済の動向  

○ 中国では、景気は緩やかに減速している。今後の通商問題の動向に注意が必要である。

   ・20194-6月期の実質GDP成長率(前年比)は+6.2%となった。

・生産は、伸びがやや低下している。

・輸出は、減少した。

・消費は、伸びがやや低下している。

・消費者物価上昇率は、このところおおむね横ばいとなっている。

 韓国では、景気はこのところ弱い動きとなっている。

○ 台湾では、景気は弱めの回復となっている。

○ タイでは、景気は緩やかに回復しているが、一部に弱い動きもみられる。

○ インドネシアでは、景気は緩やかに回復している。

 インドでは、景気回復は緩やかになっている。

  

アメリカ経済の動向 

○ アメリカでは、景気は着実に回復が続いている。ただし、今後の金融政策の動向に注意が必要である。

20191-3月期のGDP成長率(3次推計値)は、前期比年率+3.1%

○ 雇用者数は増加しており、失業率は低下傾向にある。

 ・6月の失業率は、3.7%となった。

 コア物価上昇率は、このところやや低下した。

○ 生産はこのところ弱い動きとなっている。

○ 製造業の景況指数このところ低下した。

○ 輸出はこのところ弱含みとなっている。

 

ヨーロッパ経済の動向  

○ ユーロ圏では、景気は、一部に弱さがみられるものの、緩やかに回復している。

ドイツでは、景気は一部に弱さがみられるものの、持ち直しの動きがみられる。

イギリスは、景気は弱い回復となっている。

   ・20191-3月期のユーロ圏のGDP成長率は前期比年率で、+1.8%

   (イギリスは+2.0%、ドイツは+1.7%)。

○ 民間設備投資は、ユーロ圏では機械設備投資は緩やかに増加し、イギリスでは弱い動き

  となっている。

○ 個人消費は、ユーロ圏では緩やかながら増加し、イギリスでは増加のテンポが緩やかになった。

○ 物価(コア物価上昇率)は、ユーロ圏はおおむね横ばい、イギリスは安定している。

   ・6月の消費者物価上昇率(コア)は前年比で、ユーロ圏+1.3%、イギリス+1.8%

○ 輸出は、ユーロ圏・イギリス共に、このところおおむね横ばいとなった。

  

鹿屋市漁協の皆さんと意見交換会

鹿屋市

5月4日(火)

垂水市・肝属郡医師会との意見交換会

垂水市

曽於市・志布志市・大崎町・曽於地区医師会との意見交換会

曽於事務所

県建設業協会曽於支部の皆さんと意見交換

曽於事務所

霧島市後援会の皆さんと意見交換

霧島市

活動報告